IMG_2895

これは理屈ではなく私の経験からの感想なのですが、八郎ではスモールクランクって呼ばれているこのデリンジャー位のサイズのクランクベイトが、明らかに魚の活性が高かったり風雨や濁りが強い、ローライトなどの状況下を除いては、本当に良く釣れるなということです。

長年、ガイドサービス中に多くの方々のヒットシーンに接し続けてきた中で、メガバスのグリフォン、ジャッカルのチェリー、ダイワのピーナッツ等々、スモールクランクを使っている方がノーマルサイズのクランクを使っている同船者の方より多くのバイトを得ている場面というのをかなり多く見てきました。
八郎に訪れる多くの方が、「マッディーでプレッシャーの少ない八郎」ということで大きめのルアーをメインにするということはセオリー通りのことなのですが、前述した状況下以外では小さめのルアーを使用するのが無難ということが長年の経験から導き出された答えです。

で、このデリンジャーSR。
すでに発売されているデリンジャー(MR)を使用してきて感じていたのですが、正に八郎において多用するスモールクランクのサイズ感ドンピシャなのです。
それでいて、重量も通常のクランク用タックルでも扱えるギリギリの軽さに抑えられていて、多少の向かい風でもキャストできるところもミソです。

ということで、私にとっては使用する前にも関わらず既にメインルアーになること間違いなしのクランクベイトなのです。
私は季節ごとにタックルボックス内のルアーはちょこちょこと入れ替えてあまり多くのルアーを湖上には持参しないのですが、このデリンジャーSRとMRは通年タックルボックス内に装填?され続けることでしょう。